[ 特集カテゴリー ] ,

「女性の視点から視る日本のモノづくりの未来」(3/26、渡邉弘子氏、SJC)

■SJC2020.3月例会
「女性の視点から視る日本のモノづくりの未来」
—-今までと、変えていくべきところは何なのか

「私達は、本来の高付加価値製品による競争力といった視点に立ち返り、精密さや高生産性、高汎用性といったものづくりの技術的優位性と、女性の柔軟な発想による販売戦略や広報といったものを組み合わせることにより、進化し続ける世界経済の中で、ものづくり日本の名に恥じない企業と人材を育てたいと考えております。
そうして同時に、私達は、「女性であることで媚びない、むしろ女性であることを誇りに思う。」そういう集団でもありたいと思います」 (「ものづくりなでしこ」代表幹事の挨拶)。

渡邊氏が率いる富士電子工業(株)は創業以来、高周波の熱処理設備製造及び受託加工の事業を実施、20 ヶ国以上の設備納入実績を持つ。クランクシャフト高周波焼入設備の国内販売シェアは約8割、海外シェアは約2~3割。その実績が認められ、2014年には経済産業省より「グローバルニッチトップ企業100選」にも選ばれた。15年「ものづくり日本大賞 優秀賞」を受賞。特許、実用新案、意匠、商標などの知財関連の総出願は800件を超える。高い技術力を持つ会社でありながら、より良い働き方への取り組みにも熱心で、多様な人材が活躍している会社として、16年には「新・ダイバーシティ経営企業100選」にも選ばれた。  

経営者として、「ものづくりなでしこ」代表幹事として、日本の「ものづくり」の未来に向けて、活発な提言と実践を続ける渡邊氏の思いを共有したいと思います。  

★ぜひご参加下さい!


■講 師  渡邊弘子氏(富士電子工業(株)代表取締役社長、「ものづくりなでしこ」代表幹事)

実践女子大学文学部卒業。大卒後アパレルメーカーを経て富士電子工業(株)に入社。総務、営業を経験し、98年取締役、99年常務取締役を経て、2008年から現職。業界の女性社長としてはめずらしく業界団体の役員などにも従事し、社業だけでなく、業界全体の発展・育成にも力を入れている。2016年に発足した女性経営者の会「ものづくりなでしこ」では代表幹事を務め、日本のものづくり企業の発展と女性の活躍に寄与している。17年には男女共同参画社会づくり功労者内閣総理大臣表彰も受賞した。

■日 時 3月26日(木) 17:30~20:30 (17:30-19:00 講演、19:00-20:30 懇親会)

 ■場 所 渋谷東急REIホテル4階「白鷺」       
 (JR、東京メトロ銀座線「渋谷」駅・宮益坂口より徒歩2分、東急田園都市線、東京メトロ半蔵門線・副都心線「渋谷」駅10番出口下車目の前)
 

■ビジター参加費  清話会会員 20,000円   
         一般の方  30,000円 

 (SJCメンバーは無料) (税別、お食事・飲み物代込み) 


■お申し込み
下記を切り取り、清話会オフィスまでメール info@seiwakai.com にてお願いいたします。

—–キリトリ———————————————————
■ 3月26日 SJC2020. 3月例会 
■会社名
■ご担当者               
■ご参加者
■ご住所 〒
■TEL                  ■FAX
——————————————————————–
ご質問等ございましたら、お気軽に清話会オフィスまでご連絡ください。

TEL : 03-5846-8970