清話会 創立80周年 特別講演会≪武 豊氏≫開催!(2019.2.14)

◆おかげさまで80周年!◆ 清話会 創立80周年 特別講演会 2018年2月で創立80周年を迎えた清話会が、特別講演会の第四弾として、前人未到のJRA通算4000勝を先ごろ達成した競馬界のレジェンド・武 豊氏の講演トークショーを開催します! ■テーマ 「勝利を信じて生き抜く」 競馬界の…

続きを読む

2019年度版「社員ハンドブック」予約受付開始!

毎年ご好評を頂いてる 新入・若手社員必携の社会人基礎ハンドブック! 社員ハンドブック〈2019年度版〉 累計発行部数150万部突破!30年以上愛されています。 新入社員から中堅社員まで、全社員必携の1冊です。 ■ 2019年度版 第1章 会社の仕組みと役割を知ろう …

続きを読む

老舗燃料商に学ぶ、不屈の精神 二葉商事株式会社

二葉商事株式会社 代表取締役会長 岡本 昌三 燃料事業で一代を成す 暮らしを支える老舗企業 日本の近代化が進む1953年頃、国民の家庭生活を大きく変えたのは、エネルギー革命によるLPガスの台頭だ。薪、炭、石炭で火を起こす時代から、スイッチ1つで火が付く時代が到来し、暮らしはより便利に…

続きを読む

極上の源泉が待つ、秘湯「観音温泉」 滝野川自動車株式会社

滝野川自動車株式会社 代表取締役 鈴木 和江 戦後の経済発展に寄与 観音様の導きで温泉を掘削  昭和25年、戦後間もない日本に経済の礎を築き上げ、東京の四大タクシーとして名を馳せた滝野川自動車株式会社。現在は埼玉とだ自動車学校、群馬にった自動車教習所を営む一方、日本有数の温…

続きを読む

『先見経済』に広告を掲載しませんか?

      価値ある情報を価値ある人へ。 ピンポイント&ダイレクトに届きます。 ビジネス情報誌『先見経済』は創立80年を迎える清話会が発行する定期購読誌です。 読者は清話会の会員で、多種多様な業種の企業経営者様に、毎月独自性の高い情報を提供しています。 …

続きを読む

伝説の営業ウーマンが教える 女性目線の生かし方 高塚 苑美 [ 特集カテゴリー ]

超一流の手帳はなぜ空白が多いのか? [ Phase13 ]

 

  著者新刊10月14日発売!

 

 そろそろ手帳選びのシーズンですね。経営者の皆さんはどんなものをお使いでしょうか?

 

 毎年同じ型のものを使っている方、アナログではなく、スマートフォンなど、デジタル手帳を愛用されている方もいらっしゃると思います。

 

閲覧にはログインが必要です。→ .
中国は、我々が思い描くようには発展しない

中国最前線 松野 豊 [ 特集カテゴリー ]

中国は、我々が思い描くようには発展しない [ 第84回 ]

日本のメディアの記者からこんな取材を受けたことがある。「中国は最近、偽ブランド品を持つ人が減っているそうですね。所得水準が上がってきたためでしょうか?」。またこんな質問もよくある。「来日中国人のマナーが悪いのは、彼らは初めて海外に来て世界を知らないからで、時間がたてば自然に良くなっていきますよね?」。

 

閲覧にはログインが必要です。→ .
財政再建に第3の道はない

経済動向最前線 熊野 英生 [ 特集カテゴリー ]

財政再建に第3の道はない [ 第45回 ]

財政再建は厳しい課題である。どのような対応をすれば難局を乗り切れるか。消費税率を上げると景気を冷やす。消費税率を据え置いて景気拡大を見守っても、相当に経済成長しなければ赤字を十分に縮小させるほどの税収増は見込めない。だから、景気動向を見守りながら、少しずつ消費税率を引き上げるしかない。これが歳入面の対応。

閲覧にはログインが必要です。→ .
現代の名工が築いた精密部品メーカー  三本の矢が次代へ!

羽ばたけ! 関西企業 永岡 俊哉 [ 特集カテゴリー ]

現代の名工が築いた精密部品メーカー 三本の矢が次代へ! [ Vol.33 ]

 京都府の中西部に位置する亀岡市に、創業者が一代で築き上げた、精密成型部品や先端電子機器の製造メーカーがある。

 

 テイカ精密株式会社である。総合商社トーメンの子会社で自転車のタイヤなどを製造していた帝国化成(1944年設立)から2000年にプラスチック成型製品の会社として分離独立して設立された。

 同社は現在、電子部品や精密プラスチック部品メーカーとして先進技術を誇る会社となっているが、この4月に事業承継(社長交代)を行った。今後の同社の方向性について、創業者で会長の生田行信氏と、長男で社長に就任して半年の生田眞登氏を訪ね、お話を伺った。

 

閲覧にはログインが必要です。→ .
腑に落ちないことはやらない、という病

経営者のための営業マネジメント塾 営業部をよくするには健康診断が必要! 藤本 篤志 [ 特集カテゴリー ]

腑に落ちないことはやらない、という病 [ 第10講(第3クール・第31回) ]

本名を名乗らない
卑怯な人間

 

 私は、世の中で最も卑怯な人間は、本名を名乗らず、ネット上で他人の批判、非難、罵詈雑言などを書き込む人間だと思う。

 誤解無いように言うと、他人の批判をしてはならない、ということを言っているのではない。また、それをネット上に書き込んではならない、という意味でもない。本名を名乗れと言っているのだ。私は、そのような卑怯な人間が数多くいるネットの口コミ等のサイトは、ほぼ見ないのだが、それでも、目にすることは避けられない。

閲覧にはログインが必要です。→ .

【間違いなく「人が動く」話し方】 清話会セミナー講演録 大阪 2016年3月6日(月) [ 特集カテゴリー ]

間違いなく「人が動く」話し方 [ 人の心をつかむ 経営者の話法 ]

話された言葉は文字以上に心に残る

 伝えたいことを自分の言葉で発するのがスピーチである。欧米ではトップリーダーが優れたスピーチ力を有していることが求められ、アメリカ大統領にもスピーチトレーナーがついている。

 

 日本でもスピーチの重要性にようやく目が向けられるようになり、安倍総理も東京五輪招致のプレゼンテーションに際して、高名なトレーナーからトレーニングを受けた。それ以来、総理の話しぶりは以前より説得力を帯びるようになった。

 

閲覧にはログインが必要です。→ .
メルケル首相四期目の始まりは荒波

EU情勢最前線 中空 麻奈 [ 特集カテゴリー ]

メルケル首相四期目の始まりは荒波 [ 第69回 ]

9月24日に行われたドイツ総選挙にて、現時点では暫定開票ながら、メルケル首相の勝利が確定した。

メルケル首相率いるキリスト教民主社会同盟(CDU/CSU)が32.7%。続き、社会民主党(SPD)が20.2%、ドイツのための選択肢(AfD)が13.4%、自由民主党(FDP)が10.5%、緑の党が9.4%、左翼党が8.9%(正式な最終結果が出た時点では数字が若干異なる可能性はある)といった結果。

大方の予想通り、メルケル首相は第一党の座を死守したものの、前回より得票率が9%も低い。連立政権に依存せざるを得ず、政策の違いをどう統一するかなど、今後の政権運営の難しさが早くも露呈。堂々の四期目だが、幕開けから荒波の予感だ。

 

閲覧にはログインが必要です。→ .