2024年度版『社員ハンドブック』 好評販売中!

2024年版 好評販売中です! 毎年の定番! 新入・若手社員必携の社会人基礎ハンドブック! 社員ハンドブック〈2024年度版〉   ●内容詳細、請求書での後払いご希望の方はコチラから ●コンビニ決済、クレジットカード払いの方はコチラ(BASE)…

続きを読む

【清話会 催物カレンダー】2024.2月~4月

【清話会 催物カレンダー】2024. 2月~4月 ◆2024年   ■ 2/28(水)(東京) リモートセミナー「2024年の経済と、為替の行方」(内田 稔氏)  ■ 3/13(水)(東京)スローフード・セッション vol.6 「髙山宗東氏監修 江戸時代の食を 現代の料理人が再現し、味わう江戸…

続きを読む

『先見経済』に広告を掲載しませんか?

      価値ある情報を価値ある人へ。 ピンポイント&ダイレクトに届きます。 ビジネス情報誌『先見経済』は創立80年を迎えた清話会が発行する定期購読誌です。 読者は清話会の会員で、多種多様な業種の企業経営者様に、毎月独自性の高い情報を提供しています。 定期購読なの…

続きを読む

第十一回  四谷怪談は何故怖い? (高山 宗東)
[ 特集カテゴリー ] ,

第十一回  四谷怪談は何故怖い? (高山 宗東)

江戸時代を彩った怪談話・妖怪変化
~第十一回 四谷怪談は何故怖い?~

 現在、「四谷怪談」として認識されている物語には、実はいくつかのジャンルがあり、それぞれにヴァリアントがある。

閲覧にはログインが必要です。→ .
第57回 「コミュニケーションは重要度の高い仕事」 (小池浩二)
[ 特集カテゴリー ] ,

第57回 「コミュニケーションは重要度の高い仕事」 (小池浩二)

■コミュニケーションの目的
 最近の働き方革命の一環で、会議・ミーティングの見直しが活発に行われています。
 元来、会議とは業績の目標を達成させるために必要な手段です。しかし、その手段のやり方・方法を理解している会社は少なく、会議の役割が不明確な会社が多いと感じます。

閲覧にはログインが必要です。→ .
【講演録】佐田 展隆氏 「迷ったら 茨の道を行け」
[ 特集カテゴリー ] ,

【講演録】佐田 展隆氏 「迷ったら 茨の道を行け」

【講演録】清話会セミナー    東京◆2023年10月26日(木)

「迷ったら茨の道を行け」
    ~借金25億円の会社を、いかに年商33億円企業へ生まれ変わらせたか~

 講師:佐田 展隆氏 (㈱オーダースーツSADA 代表取締役社長)

一橋大学経済学部卒。
2003 年㈱佐田入社。
2005
年代表取締役社長就任。破綻寸前の企業を黒字化するも、2007 年金融機関の債権放棄と共に会社を再生ファンドに譲渡。
2011 年㈱佐田に呼び戻さ

2012 年代表取締役社長に復帰、3 期連続増収増
益を達成し会社業績を安定化。以後も売上の拡大を継続。

 

スーツのフルオーダーに革命を起こす 
 私は一橋大学出身ですので、経営者としての考え方の軸に渋沢栄一の教えを置いています。彼は「商道とは論語と算盤である」と言っていて、二宮尊徳も同じように「道徳なき経済は
罪悪である。一方で「経済なき道徳は妄想である」と言っています。

閲覧にはログインが必要です。→ .
第23 回  機会を得た感謝心がスピーチに生きる  (澤田良雄)
[ 特集カテゴリー ] ,

第23 回  機会を得た感謝心がスピーチに生きる  (澤田良雄)

「感謝の心」を話に生かす

◆心が生きたスピーチの魅力

 日々の活躍場面で、「スピーチを一言」と声がかかることがあります。それは、社内行事、所属団体、功労への授賞、諸処の大会での成績表彰、冠婚葬祭での機会等があります。
 まず、スピーチを託されることは感謝です。それは、この人ならと認めて、期待をいただけたからです。そこには、単にうまいからとの期待でなく、立場による影響力、その人の人徳から伝わる魅力があるからです。従って、その機会をいただくことは感謝ですし、楽しく話す心持ちが大事です。

閲覧にはログインが必要です。→ .
第12 回 構造転換する中国 (高島康司氏)
[ 特集カテゴリー ] ,

第12 回 構造転換する中国 (高島康司氏)

第12回 世界を深く読む視点

構造転換する中国

 
 

 いま中国経済が注目されている。不動産バブルの破綻と個人消費の低迷に見舞われている中国は、1990 年代のバブル崩壊後に似た長期の低迷に陥るのではないかと懸念されている。「日本化」だ。

閲覧にはログインが必要です。→ .
【第46回】「持続可能な企業として新たな事業への展開を考える」 (菊原政信)
[ 特集カテゴリー ] ,

【第46回】「持続可能な企業として新たな事業への展開を考える」 (菊原政信)

 明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。
 ようやくコロナ禍前の賑わいを取り戻しつつあり、年が明けて今年から新たな取組みを検討されている企業もあることと思います。しかしながら、経済環境においては未だ紛争が続き、原
油の高騰によるエネルギー価格の上昇や、それによる原材料・物価の上昇、今後の慢性的な人手不足による人材確保の困難と人件費の上昇、商品価格への転嫁が思うようにいかない等、企業
として解決すべき問題も山積しています。
 そこで、今回は将来に向けて持続可能な企業として存続するために、新たな事業の創造と展開について述べていきます。

閲覧にはログインが必要です。→ .
≪最終回≫ ~北前船と酒造りの伝播~ 田崎 聡
[ 特集カテゴリー ] ,

≪最終回≫ ~北前船と酒造りの伝播~ 田崎 聡

粕取焼酎と近江商人

 これまで私は、正調粕取焼酎を現在でも蒸留し、生産、販売しているところを中心に紹介してきたが、その数はもはや一桁を数えるほどとなってしまったのは残念である。
 現在、日本酒蔵は全国で1700 社ほどあるが、その中で粕取焼酎を生産しているところは、約十分の一の170社ほどで、さらに正調粕取焼酎として蒸留しているのは、その十分の一の17 社もない。

閲覧にはログインが必要です。→ .
第33回 「実践型3ヶ月経営改善計画書のポイント」  小池浩二
[ 特集カテゴリー ] ,

第33回 「実践型3ヶ月経営改善計画書のポイント」  小池浩二

「実践型3ヶ月経営改善計画書のポイント」

なぜ、全社員参画・公開型作成方法が基本なのか?
 中小企業の運営方法は「兼任主義」。
 その代表格がプレイングマネージャーによるマネージメント体制。これを経営計画書の分野で考えると、「作成はするが、運用する部署がない」のが実態。

閲覧にはログインが必要です。→ .
第22回 「武田薬品工業とライフドリンクカンパニー」  千葉 明(2024.01月)
[ 特集カテゴリー ] ,

第22回 「武田薬品工業とライフドリンクカンパニー」  千葉 明(2024.01月)

千葉明の いま、この会社がおもしろい!

 武田薬品工業(東証プライム)の今期決算計画・10月26 日の下方修正を目の当たりにして、大手医薬品企業の収益の「習性」を改めて痛感した。またクリストフ・ウェーバー社長の「妙な意地」も覚えた。

閲覧にはログインが必要です。→ .
【講演録】高島 康司氏「新たな中東戦争勃発  世界に与える影響」
[ 特集カテゴリー ] ,

【講演録】高島 康司氏「新たな中東戦争勃発  世界に与える影響」

【講演録】清話会セミナー    東京◆2023年12月07日(木)

「新たな中東戦争勃発 世界に与える影響」
    ~ハマスがイスラエルを攻撃その経緯と背景を読む~

 講師:高島 康司氏 (社会分析アナリスト、著述家)

社会分析アナリスト、著述家。
教育産業のコンサルタント。
多くの講演会で地政学の変動を解析。
さまざまなシンクタンクの予測情報のみならず、陰謀論などのイレギュラーな方法などにも注目し、 社会の変動のタイムスケジュールを解析、その分析力は他に類を見ない。
北海道大学医学部卒業

 

欧米の主要メディアはイスラエルに不利な報道ができない
 今日はガザ戦争と中東の情勢ということでお話しますが、きちんとした報道がほとんど日本でされていません。日本は欧米ほどではないですけれども、欧米の主要メディアになってきますと、報道統制みたいな状態にあります。イスラエルに不利な報道をするなということです。

閲覧にはログインが必要です。→ .
【講演録】内山 真一郎氏「認知症と脳卒中は 同時に予防できる」
[ 特集カテゴリー ] ,

【講演録】内山 真一郎氏「認知症と脳卒中は 同時に予防できる」

【講演録】清話会セミナー    東京◆2023年10月25日(水)

「認知症と脳卒中は同時に予防できる」
    ~具体的な予防法とは~

 講師:内山真一郎氏 
(国際医療福祉大学臨床医学研究センター教授、山王メディカルセンター脳血管センター長
)

北海道大学医学部卒業
米国メイヨークリニッ
ク留学、東京女子医科大学神経内科主任教授を経て、現職。
東京女子医科大学名誉教授。
脳卒
中診療の第一人者であると同時に、関連学会の理事、学会長といった要職を歴任。
2004 年に脳
梗塞で倒れた長嶋茂雄氏の主治医でもあった。

 

健康寿命を延ばすには認知症と脳卒中をどれだけ予防できるかにかかっている
 認知症は高齢者の激増によって2012年の462万人から、2025年には700万人を超えると推計されており、また脳卒中は年間30万人近くが発症していると推計されていますけれども、やはり高齢者の増加に伴い患者数の増加が予想されます。

閲覧にはログインが必要です。→ .