西郷―鉄舟、理と情の  “江戸無血開城の真実”

「勝海舟の“罠”」 —勝の“功績”を記した「氷川清話」を究明すると見えてくる真実 [ 特集カテゴリー ]

西郷―鉄舟、理と情の “江戸無血開城の真実” [ 著述家 水野 靖夫 ]

慶喜恭順めぐり対立
理と情
で「朝命」覆す

慶応3年10月14日の大政奉還で徳川幕府が政権を朝廷に返す辺りから、幕末の最後の段階に入ります。同年12月に王政復古、慶応4年、明治元年1月3、4日に鳥羽伏見の戦いが起こり、徳川慶喜は江戸に逃げ帰りますが、1月9日には慶喜追討令が出ます。11日に慶喜は東京に戻ってくるのですが、薩長と戦うか、恭順するかの主戦派と和平派で論争が起こります。結果的には15日に主戦派の最右翼、小栗上野介が罷免され、恭順になりました。2月9日には有栖川宮熾仁親王が東征大総督に任命されます。西郷隆盛はこの参謀です。形の上では宮様がトップにいて実質的には薩長中心の武士が軍の中心となり決めていきます。

2月12日に慶喜は上野の寛永寺に蟄居し、恭順を示すのですが、討幕軍が攻めてきます。結果的に山岡鉄舟が3月9日に駿府で西郷に会って談判をし(「駿府談判」)、話を決めると、3月13、14日に西郷と勝海舟の会談が江戸で行われました。これを「江戸会談」と呼んでおきます。そして西郷が京都に戻って京都の朝廷からの決済を得て、正式に決定します。4月4日に降伏条件を朝廷側が示して4月11日に江戸城を明け渡すという流れです。

閲覧にはログインが必要です。→ .