【間違いなく「人が動く」話し方】 清話会セミナー講演録 大阪 2016年3月6日(月) [ 特集カテゴリー ] ,

間違いなく「人が動く」話し方 [ 人の心をつかむ 経営者の話法 ]

話された言葉は文字以上に心に残る

 伝えたいことを自分の言葉で発するのがスピーチである。欧米ではトップリーダーが優れたスピーチ力を有していることが求められ、アメリカ大統領にもスピーチトレーナーがついている。

 

 日本でもスピーチの重要性にようやく目が向けられるようになり、安倍総理も東京五輪招致のプレゼンテーションに際して、高名なトレーナーからトレーニングを受けた。それ以来、総理の話しぶりは以前より説得力を帯びるようになった。

 

閲覧にはログインが必要です。→ .
性格健康度のチェック――不治の病に最も近い病気の可能性も⁉性格健康度という古くて新しい概念

経営者のための営業マネジメント塾 営業部をよくするには健康診断が必要! 藤本 篤志 [ 特集カテゴリー ]

性格健康度のチェック――不治の病に最も近い病気の可能性も⁉性格健康度という古くて新しい概念 [ 第9講(第3クール・第30回) ]

コップの中の半分の水を、「まだ半分もある」と思うか、「もう半分しかない」と思うか。

この話はあまりにも単純すぎて、いままで、それほど気にすることはなかった。単に、ポジティブな性格か、ネガティブな性格か、ということを二分する話だからだ。
しかし、十二年以上の営業コンサルティング経験を積んでくると、この単純さの中にある複雑さの原点に気付かざるを得なくなった。

それは、営業能力を向上させない病原体を追究する対象のひとつに〝性格健康度〟というものがあるということが明確に掴めたからだ。

今回の話題は、性格というとてもデリケートな問題を扱うので、言葉尻を慎重に選ばなければならないのだが、それによって、わかりにくい文章になっては元も子もない。したがって、配慮がないと感じる人がいたら、それについては申し訳ない、という気持ちがあることを先に述べて、文章を進める。

 

閲覧にはログインが必要です。→ .
アクアリウム業界に革新的な風を 好きだからこそ続けられる、好きだからこそ伝えられる熱意がある
[ 特集カテゴリー ]

アクアリウム業界に革新的な風を 好きだからこそ続けられる、好きだからこそ伝えられる熱意がある

「幼少期から魚に慣れ親しんできた私は生粋のアクアリスト。趣味の延長線上だから続けられるんです」そう話す馬場哲氏がめだか事業への着手を決意し、筑波めだかを始めたのは今から3年前。本職のIT業界とはまったく違う世界に飛び込み、ユーザー目線に立った独自のアイディアと強いこだわりでアクアリウム業界に新たな一手を投じている。その原動力はどこにあるのか。揺るぎない信念を胸に、日々邁進する若き社長の思いを聞く。

 

閲覧にはログインが必要です。→ .
[ 特集カテゴリー ]

苦しむ人を食で救いたい アレルギー対応食品企業のパイオニアが提案する新たな予防医学のかたち


ゲスト:辻 幸一郎 辻安全食品株式会社 代表取締役

 アレルギー対応食品製造・販売の草分けとして、1979年に東京・荻窪で創業した辻安全食品。現在では辻安全建築や調剤薬局も営む2代目代表の辻幸一郎氏は、「人の身体は食物でできている。食物を変えればアレルギーは治る」と語る。アレルギーに苦しむ多くの人々を救ってきた氏が熱く語る。

 

                                                    (構成・撮影 ▼大澤義幸)

閲覧にはログインが必要です。→ .
[ 特集カテゴリー ]

姿勢が人生をつくる 90年続く整体院の4代目が目指す健康社会づくりへの思い

ゲスト:仲野孝明 姿勢治療家®、仲野整體®東京青山

大正時代から約90年続く整体院の4代目院長として、東京・青山に仲野整體®を営む姿勢治療家®の仲野孝明氏。姿勢と健康の観点から、確たる定義のない「整体」の枠組みを超えた治療法を提供し、経営者、アスリートなど幅広い層の信頼を得ている。姿勢がつくる健康社会の実現を目指す仲野氏の思いを聞いた。

(構成・撮影▼本誌 大澤義幸)

閲覧にはログインが必要です。→ .