ブルネイ視察旅行会 [ 特集カテゴリー ]

ブルネイ視察旅行会 ~ビジネス編~  [ 2018年2月6日~10日 ]

 

 

アセアンでも独特の地位を占める国

 ブルネイ(正式名称:ブルネイ・ダルサラーム国)は、ボルネオ島の北側、マレーシア領内に存在する王国だ。三重県くらいの広さの国土に、人口約43万人。基本は厳格なイスラム教国で、外国人客でも街なかはおろか、ホテルのバーでもアルコールは一切飲めない。

 現在の国王は、第29代目ハサナル・ボルキア国王。昨年10月には国王就任50周年を迎え、そのお祝いに天皇・皇后両陛下が東京の駐日ブルネイ大使館に出向き、記帳を行った。日本とブルネイが親密な関係にあることの証左と言えそうだ。

 他国に比べて視察に行く機会も少ないなか、清話会のメンバー経営者のほうから「ブルネイに行ってみたい」という要望があり、駐日ブルネイ大使館を通じて現地視察先や政府系の方々とのミーティングを組んでいただき、今回の視察旅行実現となった。

 石油、天然ガスが豊富なブルネイは、国民の税金、医療費、教育費が無料。ただ、恵まれすぎが災いして、「ブルネイ人は働かない、使えない」とこの後の視察先でしばしば聞かされることとなった。

 

世界で2つしかない「7つ星ホテル」のうちの一つジ・エンパイアホテル&カントリークラブは、かつての王族の所有物を民間に下ろしホテルに転用したもの。
企業、公共施設にはほぼ必ず国王とお妃様の写真が飾られている。

閲覧にはログインが必要です。→ .